今日も元気です!

家事も育児も楽しんじゃおう!をモットーにせわしない毎日を送っていますが、そんな日常を綴ってみました。ブログを始めて単調になりがちな暮らしの中にも、たくさんの“ネタ”が転がっていることに気がつきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とんだ一日

職場のレクリエーションで明日から一泊でゴルフ&温泉に行く夫から、「ガソリン満タンにしておいて。出来れば洗車も」と言われたので、素直に従いました。
朝から頭の中で、よく行くクラフト専門店が今日まで会員10%offなので、まずは布(カルトナージュ用)と入園グッズにつけるネームタグを買いに行き、スーパーで買い物、そしてガソリンスタンドへ行けばちょうどお昼かな、と計画を立てました。
予定通りことが進みました。
ガソリンスタンドで恐る恐るセルフの洗車も無事にすみ、拭き取りコーナーで仕上げをし、人を乗せると聞いていたので、プラス100円で掃除機までかけました。
「よーし、ビックリするくらいキレイになった。まいったか!」とエンジンをかけようとしました。
ところが???
エンジンがかかりません。
拭き取ったり掃除機をかけている間、車の中で待たせていた次男をにらみました。
「どこかさわってイタズラしたでしょう?」
「シュウちゃん、どこもさわってないよ!」と次男。
何度試みてもエンジンがかからないので、スタンドの人を呼びに行きました。
見てもらい、調べてもらったところ、バッテリーがなくなっているとのことでした。
どうしようもなくバッテリーを交換するしかないと言われたので、カタログと金額を調べてもらってとりあえず夫に電話しました。
夫はいつもお世話になっているディーラーに聞いてみたほうがいいと言うので、トヨペッ○に電話しました。
ちょうど電話に出たのがお世話になっている担当者で、近かったこともありすぐに来てくれました。
車からダメになったバッテリーに線をつないだら、なんとかエンジンがかかりました。
でもエンジンを切ったら今度かかるかわからないと言われたので、そのままディーラーに直行してバッテリーを交換してもらうことにしました。
いつもそこでジュースをもらえることを知っていた次男は、店内に入ったとたん「りんごジュースください!」と。
恥ずかしかったけど、私もコーヒーをいただいている間に車はなおりました。
すでに時間は1時すぎ。疑って悪かったなという気持ちがあったので、次男に何が食べたいと聞くとドーナツというのでミスドへ行きました。
家に帰ると2時前で、次男はすぐにお昼寝。
一息つく暇もなく長男のお迎えの時間でした。

それはそうと、私はここ1週間くらいアクセルを踏んだ時の感触というか何というかになんとなく違和感を感じていました。
日曜日、夫に「今度遠出するから一応トヨペッ○に行って、見てもらったほうがいいんじゃないの?」と言ったけど夫は「そーおー?俺は何にも感じないよ」と。
今日帰ってきてから一言「あんたスゴイね~」

明日は夫が帰ってこないので、手を抜いてゆっくりします。
スポンサーサイト
[ 2008/01/31 23:55 ] 日常 | TB(1) | CM(3)
melangeさま。
本当だよね~
あのまま鴨川まで行っていたらどうなっていたことか…
たまたま近所でダメになったし、
ディーラーもやってる日でよかったよ。
車はよく乗っているけど、パンクしてしまっても
自分じゃタイヤ交換もできないし、
そう考えるとちょっと怖いよね。

tomomi+.sさま。
私も自分がスゴイと思いました!
お土産、期待できるかな~???
そこまで気がきくかわかりましぇ~んv-356
[ 2008/02/01 22:15 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした
出先でのトラブルはイヤですよね!
しかも、本能で察知していたのがすごい。
一日ずれていたら、大変!
お土産、期待しちゃっていいかもしれませんね^^
[ 2008/02/01 20:42 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした!
ホント、とんだ一日だったね。
でも、バッテリーがなくなっていること、ご主人が出発する前に
分かって良かったねv-218
「りんごジュースをください」と言ったシュウくん、微笑ましい。
思わず想像しちゃった。
[ 2008/02/01 04:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

「カルトナージュ」についてのクチコミブログをピックアップ
カルトナージュ に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。