今日も元気です!

家事も育児も楽しんじゃおう!をモットーにせわしない毎日を送っていますが、そんな日常を綴ってみました。ブログを始めて単調になりがちな暮らしの中にも、たくさんの“ネタ”が転がっていることに気がつきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

木下大サーカス

一昨日から“木下大サーカス”のさいたま公演が始まりました。
サーカスには来週行く予定でいたのですが、スイミングに行くはずだった長男がひどい鼻水で休むことになったけど、そのわりには元気だったので急きょ行ってみよう!ということになりました。
土日祝日は1日3回公演で、始まったばかりの最初の3連休なので混雑していることを覚悟して最後の公演を見れれば…と思っていたのですが、2回目の公演30分前にとりあえず行ってみたところ、まだまだ入れるとのことだったのでそのまま列に並びました。
座席は一般席。前のほうの指定席を除いては全体的に空いていていちばん後ろの席に座りましたが、とってもよく見えました。
実は私もこの手のサーカスは生まれて初めてだったので子どもたちといっしょにわくわくして待っていました。
始まると子どもたちは「わーぉ!わーぉ!」の連発で興奮しっぱなし。
子どもから大人まで楽しめるとはこういうのをいうんだなーと思いました。
夫は小学生の頃に見た記憶があるそうで、オートバイショーのことなど思い出したと言っていました。
この木下大サーカスは今回さいたまに来る前、9月から11月初旬まで高崎で公演を行っていました。
高崎で見るつもりでいたのですが、その後さいたまに来ると知ったので子どもたちもずーっと前から楽しみに待っていました。
シマウマやキリン、ライオンやトラなどの猛獣ショーなんて動物園やサファリパークでは見ることのできないものです。
中でもいちばん印象に残ったのが、象が2本足で立ち歩いたこと、そして逆立ちまでして見せてくれたことです。
「動物たちにそんなことをさせて…」という意見の動物愛護家もいると思いますが、私はかわいい象さんのショーを見て幸せな気分になりました。
長男が帰りに「今日はサーカスに行ったから、とってもいい日だったね」と言っていました。
DSC02158.jpg   DSC02157.jpg
スポンサーサイト
[ 2007/11/25 21:54 ] 休日 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。